« 春の甲子園 | トップページ | もやっと・横浜 »

おいらの旬

この季節が楽しみでならないのは、超超超~愛おしい「ホタルイカ」のシーズンだから。

2月頃から5月頃までが捕獲シーズンで、ボイルのものを目にする機会が増える。毎年、最初にスーパーなんかで「旬・ホタルイカ」の陳列を見ると、「キタよキタよ、この季節がキター♪」と一人盛り上がる。

でも、このホタルさんはボイルじゃなくて「生」がサイコーHotaru

沖漬けでもなく、とにかく「生」で食したいのだ。

トロトロっとしたワタがプチっと飛び出すのと、身の柔らかコリコリ感と、磯の香りが何ともいえない。

ワタは寄生虫を考慮して取り除いて食べるべきという一説もあり、一時期はガマンしてたけど、やっぱりこれがないと物足りなさ過ぎてダメ。今のところお腹がとんでもないことになったことはないから大丈夫かな?カラダの他の部分に影響が出てるかもしれないけど。

この「生ホタル」は、この季節しか食べられない。しかも、横浜では毎回安定して食べられる店が極々少なく、自分では今のところ一軒しか知らない。去年と一昨年は、横浜で食べ損ねてたのに、石垣島の某居酒屋で「生ホタル」に出会え大感激。

今年は4月は石垣島に行けないから、横浜の某寿司屋で、その旨さを来年まで忘れぬよう、しっかり食べておかなきゃ。その寿司屋には本当は毎日でも通いたい。「生ホタル、つまみで。仕入れたの全部ちょーだい」って注文したい。今年は1回しか行けてないけど、まだ仕入れてて欲しいなぁ。

ちなみに、ホタルイカは富山湾が有名で、海面で青い光を発するらしく、これは一生のうちで一度は是非お目にかかってみたい。して、滑川市には「ホタルイカミュージアム」ってのがあるらしい。4月にはホタルイカのお祭りもあるみたいで、催されるイベント内容を見ていると、訪ねてみたい度120%・・・。何とか時間が捻出できますように。

|

« 春の甲子園 | トップページ | もやっと・横浜 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397681/6256406

この記事へのトラックバック一覧です: おいらの旬:

« 春の甲子園 | トップページ | もやっと・横浜 »