« とある病室にて | トップページ | 母乳合宿 »

和室で川の字

5月9日(金)21時21分、

2674グラム48センチ男児、ちびぃが登場しまひた。

・AMは、特異なことはなく元気に妊婦水泳

・妊P仲間5人で2時間半のおしゃべりをしながらランチ

・PM、横浜そごうでオヤツを物色していたら陣痛カモ系の腹痛(15時20分)

・帰宅後、陣痛カモ系の腹痛が加速増大

・でも・・・、オヤツ食べる (←しっかり買って帰ってきた)

080509_173054_4

・痛みに冷や汗&のたうち回りながら、タクシーで病院に到着(19時40分)

・20時すぎ、接待の宴席を切り上げた旦那はんが病院に到着

・21時21分、ちびぃ登場

・・・ということで、自分も周りも驚きの安産デーでしたconfident

お産の様子を少々紹介しましょうねchick

病院は、「和室で助産師主導のフリースタイル分娩」をする総合病院です。

8畳間に布団が敷いてあり、助産師が2名、途中までアシスタントが1名で

テキパキと面倒を見てくれ、やさしく励ましの言葉をかけてくれます。

横向きでイキんでみたり、

旦那はんが来てからは、後方から抱えてもらってイキんでみたり、

最終的には横向きに寝た体勢で、ちびぃの頭が出てきたようです。

ちびぃの頭が出始める頃、ようやく担当の医師が部屋に来て、

ちびぃの登場を見届けました。

ちびぃが「ちゅる~ん」と出てきてからスグ、

へその緒で結ばれたまま、ボクの胸にストンと乗せてくれたんだけど

何より、その「重み」が忘れられない。

こんな重たいのが入ってたのかぁぁぁweep

あの時に感じた重みは多分、物質的なものではなく

今まで10ヶ月の歳月と、これから彼が刻んでいく大切な時間の「貴重さ」

だったんだろうな。

もう、ここからは部屋の中がお祭モードhappy02uphappy02uphappy02up

助産師さんの一人が写真を撮りまくり、

旦那はんは、へその緒を切ったり、ビデオ撮ったり、ちびぃに興味津々

ボクは胎盤を産み出すため、再び痛みながら、写真やビデオに映ったり。

その後、身近な方に報告の連絡などを済ませ、

旦那はんも布団を敷いてもらい、

旦那はん・ちびぃ・ボクと3人で、川の字になって幸せな朝を迎えましたheart04

ボクはアドレナリン全開で

嬉しくて、隣で寝てるちびぃが可愛くて、

ついでに、この日はボク以外に2組もお産があり、

朝3時頃から、隣の和室でイキみ出した方のお産の様子が聞こえてきたので

ほとんど眠れなかったんじゃないかなconfident

切開や陣痛促進など、医療措置は皆無で、身体の回復もとても良好。

今、思えば、旦那はんが病院に間に合い、

飲み物を飲ませたり、汗を拭いたり、手を握り励ましてくれたことで、

心強さが増したかにゃcat

080509_212652_ed

↑プール後のシャワーで塩素っぽいボクと、産湯に入らないちびぃ

まだまだ溢れんばかりのエピソードや感情が、行間に眠っているワケですが

結果としては、120%、いや200%大満足な「お産」でひた。

お世話になった皆様、応援し励ましてくれた皆様に感謝を込めて

ニーファイユー

|

« とある病室にて | トップページ | 母乳合宿 »

ちびぃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397681/20970242

この記事へのトラックバック一覧です: 和室で川の字:

« とある病室にて | トップページ | 母乳合宿 »