« おデート (食) | トップページ | 旬な巨峰 »

マブイに響いたあの人の声

15時30分

爽やかな秋空の下

東京の真ん中あたりで

付き合いも20年ほどになるSと

 

  

あっり

かんぱーい。

090920_154421

野音です。

琉球フェスティバル2009です。

 

 

大工さんの奥さんが踊り、血液の温度が上がります。

我如古より子with吉川忠英のボケない小唄で、笑います。

かりゆし58がアンマーを歌ったので、感激してマジ泣きです。

 

 

17時30分

オリオン何本?で満タンクになり、トイレに並んでる頃

よなは徹が、観客に三線を投げ、

会場の空気が、ますますオキナワーになります。

090920_173746

 

 

古謝美佐子さんの童神で気持ちよくて、もう寝そう。

パーシャクラブの頃には、もうただの酔っぱらいが飛び跳ねる。

 

MCのガレッジセール、

つなぎで出る度に観客からの差し入れを飲み

パーシャの頃には川ちゃんがへべれけ、

ゴリが一人でトーク奮闘

の姿に大喜びのお客さんたち。

 

 

19時

待ちに待った

わたくしリスペクトする沖縄民謡の重鎮

沖縄のジミヘンこと、誠小(せいぐゎー)こと

登川誠仁の登場。

お弟子さんとの毛遊び曲を

双眼鏡で息継ぎ一つせずに拝見させていただきました。

最後は総出の唐船ドーイ。

お元気そうにカチャーシを踊る誠小を

双眼鏡で見ながらカチャーシを踊るボク。

 

ね。

090920_192741

写真ぶれてるでしょ?

 

この後、Sのご主人と合流し

丸ビルにて余韻酒となりました。

  

 

登川誠仁の三線と生声は、魂にガツンと。

して、

元気な姿を見ることができて

ほんとーに

ほんとーに

昨日はイイ一日でございました。

 

|

« おデート (食) | トップページ | 旬な巨峰 »

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マブイに響いたあの人の声:

« おデート (食) | トップページ | 旬な巨峰 »