« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

ニューフェイス

かれこれ1ヶ月前になりますでしょうか。

 

我が家にニューフェイスがやってきました。

Image49  

カローラ・フィールダー。

 

 

有意義におかやまー活動するため、

縁あって我が家にやってきました。

 

 

 

憧れの贅沢な荷物スペースと

どんなにぶつけてもOKな中古車、ゲット。

ちびぃとワタシのおかやまーの足、うふふ。

 

Image47  

 

 

とか、

喜んだのは、ほんの束の間。

 

燃費やら保険やらの諸事情により、

フィールダーは旦那はんのメイン・カーとなり

 

  

ボクら母子は、

クーペのトランクに

ゴルフバック2個&自転車1個という

 

なんとなく

歪んだカーライフを送っております。 

 

Image48  

 

自転車 > ゴルフバック 

 

あい、

大切に扱わせていただきます、ちびぃ様。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちびぃ瀬戸内海デビューの巻

6月にして暑すぎますね。

 

Image38  

梅雨の合間、びっくりするくらい夏の日差しでございます。

 

  

 

昨日は、予報に反してイイ天気だったので

朝の思いつきで家を飛び出し

瀬戸内海にレッツゴーしてきました。

 

Image39  

んで、カメラを忘れました。

遠くに瀬戸大橋が見えます。

瀬戸大橋の先の香川県も見えます。

 

 

 

ちびぃは、

 

無駄な筋力を使ってサカナを眺めたり、

Image40

  

 

 

ジャバジャバ入って、

ちょこまかしすぎる海女さんちっくにワカメ採ってきてくれたり、

Image43  

  

 

海の中からダッシュ&砂にダイブしてみたり、

Image42   

 

 

 

基本的には、

その辺にいる人たち誰構わず融和。

Image46  

いちゃりばちょーでー。

 

おねがいなので、

知らないおじさんにはついていかないでください。

 

 

 

「あっちで、かき氷食べよう」って呼びかけること30回くらい。

Image44  

ようやく海から陸へ。

 

 

まぁ、Image45  

独り占めは言うまでもありませんが。

 

  

 

 

もうすぐ本格的な夏がやってきます。 

Image41  

今年も我が家は

3人とも小麦色・・・

 

を超えないことが

目標でございます。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱力

暑いですね。

 

って、

この夏、何回くらい書いちゃうんでしょうか。

 

 

Image35  

外では帽子

 

 

Image34  

家ではパンツが欠かせません。

 

 

 

暑いから

じっとしてればいいのに

Image36  

あ、

じっとしてるのか。

2秒くらい。

 

 

 

朝、7時からスイカ

 Image37  

・・・って、

暑くて完全に写真依存型・手抜き記事です。

 

ほとんど昨日のツイッターと被ってます、ゴメンナサイ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

観光してみました

先週土曜の夜だったか

期間限定のお粗末なブログ記事をご覧になった方はいますか?

 

酔っぱらいによる酔っぱらいのための幻の記事、

お楽しみいただけましたでしょうか。

 

 

何で酔っぱらいだったかというと、

Image28  

こーゆー景色のホテルにお泊まりしていたからです。

幻の記事はホテルのバーからでした。

  

  

 

さてさて、

ワタクシの両親が遙々おかやまーまで遊びに来てくれたので、

とりあえず近隣観光してみました。

  

 

生憎の天気でしたが、

瀬戸大橋を渡り、

Image18  

んで、

初めてのさぬきうどん巡礼・・・と気合い入れてみましたが、

2件で沈。

 

1件目が「たむら」。

Image19  

 

みんなで1時間は並んだでしょうか。

Image20  

ちびぃが「大」(サイズ)を、ほぼ完食した気がします。

 

 

んで、「おか泉」に向かうも、長蛇すぎて退散。

たむらの待ち時間が長すぎて気合い抜けてます。

 

 

んで、2件目が「長田うどん」。

Image22  

すぐ店に入れるということで

気合いの抜けまくった観光客にはもってこい。

ちびぃも寝ていたので、大人4人で釜あげをいただきました。

 

Image21  

どちらの店も特長があって、確かに美味しいんだけど・・・。

うっひょーーー!みたいな感激がなくて、

ワタシの舌がうらぶれているのか、

もっと度肝を抜かれる店があるのか、

よく分からないので、

その辺が解決するまで、

何度かチャレンジしてみたいと思います。

 

 

んで、

うどんの後は倉敷へ。

Image23  

 

こじんまりとリラックスできる感じで

気に入りました。

 

Image26  

ので、

 

Image24  

この方には申し訳ないですが、

保育園とか幼稚園とか行ってる時間にも

ひとりプラプラと訪れようと思います。

 

 

観光客なので、

とりあえず行ったところ全部、載せときましょうか。

 

翌日は、

Image31  

後楽園。

花菖蒲が見頃でした。

 

大人400円。

四季折々の楽しみ方ができて癒されそう。

つことで、

Image29

この方には申し訳ないですが、

・・・以下同文。

 

 

 

未踏の中国四国地方。

行きたい場所がたくさん。

これからの楽しみが山盛りですが、

 

ちびぃにとっては、

おじいちゃん、おばあちゃんが

遊びに来てくれたことが

一番、うれしかったみたいです。

Image33 

 

「おじいちゃん、おばあちゃん、また、くる?」 byちびぃ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある梅雨の日

オムツを外してから約1ヶ月。

パンツ1日1枚でOKという日も珍しいコトではなくなってきたちびぃです。

 

 

まぁ、

1日1枚でOKぢゃない日も別に珍しくありませんが。

 

 

先日、

車での外出から戻った際、

頑固一徹ちびぃ、ぜったいに車から降りたがらない。

と、これまた別に珍しくない悪魔の三歳児活動。

 

 

ちなみにマンションの駐車場は、

地上と地下に1台ずつ駐車する2段ベッドみたいな立体式。

うちの車は地下の方を割り当てられているんで、

出入庫の時は、いちいちウィーンと地上まで上げて、

また、ウィーンと地下に収納するわけです。

 

 

んで。

ちびぃ、あんまりにも車から降りたがらないので

「あっそ、じゃ、もうブーブー地下に仕舞うね」

つーことで、

ちびぃが乗ったままの車を、

ほんの数センチ地下に下げてみました。

 

 

ビビったかな?

さすがに、これで車から降りてくるでしょ

 

と思い、

また地上に戻して、

車のドアを開けてみたところ、

 

 

後部座席の足下にペタっと座り込み

固まるちびぃ。

 

 

あー、

確かにビビったのね。

  

今日はパンツ1枚で過ごせそうだったのに

ざんねーん。

 

というか、

そこまでビックリしちゃったのね。

母ちゃん反省、ごめんごめん。

 

 

今ねぇ

梅雨だからなかなか乾かないだよ、

キミのおしっこ~。

 

Image17  

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

泣き顔特集

 

もってのほか親バカでございまして、

どんなちびぃも面白くて、かわいくて仕方ないでございます。

 

 

つことで、

今日は面白い、かわいい泣き顔特集。

 

Image15  

ね?

面白いでしょ? かわいいでしょ?

 

 

テーブルの上に登ったので、母ちゃんに叱られ、

Image16  

降り方がよくわからなくなって、

自分で降りられなくなって泣いています。

ひじょうに厄介。かわいい。

 

 

 

 

それから、

Image12 ね?

面白いでしょ? かわいいでしょ?

 

 

 

おやつに、トーマスの箱入りポッキー(20本くらい)。

母ちゃんに3本だけあげる

 

 

そんな夢のような交渉が成立したので、

3本もらったところ

Image13  

やっぱり1本たりとも渡したくなかったらしい。

 

大切なポッキーを、さらなる魔の手から守るため泣いています。

 

Image14  

大切なものは頭上に隠そうとする習性があるようです。

ひじょうにコミカル。かわいい。

 

 

ま、

だいたい毎日こんな感じです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サッちゃん

 

サッちゃんがね

とおくへ いっちゃうって ほんとかな

だけど ちっちゃいから

ぼくの こと

わすれて しまうだろ

さびしいな サッちゃん

 

 

このかわいらしいお手紙を読むたびに、

サッちゃんの歌が、ふと頭を過ぎります。

 

Image10  

 

  

お手紙の送り主は、

 

Image11  

ちびぃと一緒にスヤスヤしているKちゃん。

 

 

ちびぃがもっと小さな頃や、引っ越し直前に、

おうちにお邪魔した様子を撮ってくれた

たくさんの写真と、DVDと

あいうえおが覚えられるトーマスのカルタを送ってくれました。

  

 

Image8  

中学生の“Kっち”と、小学生の“Kちゃん”。

 

ふだんは、学校や練習が忙しい2人ですが、

震災直後の登校調整で自宅に居る時間が長かったので、

三男坊として、おうちにちびぃを迎え入れてくれました。

 

 

震災直後かつ、引っ越し直前という

ひたすら余裕のない時で、

ワタシは、

ちびぃの食事、お風呂、寝かせ付けという

平素でさえしんどい夕方以降の3大業務を

どう乗り越えようかと思案していました。

 

そう。

業務。

 

手抜き上等、こなすが勝ち。

右から左、さっさと済ませてしまえ。

早く寝てさえくれれば結果オーライ。

 

みたいな無機質極まりない母さんになっていた折、

ちびぃを三男坊として迎え入れていただいたのです。

 

 

先日送ってもらったDVDには、

 

自分ちかよっ!!

と何度も突っ込んでしまうほど

伸び伸びと遊び、 

美味しそうに食べ、

楽しそうに入浴し、

ほっこりした顔で眠る

ワタシの知らないちびぃの姿が

3日分、しっかり収められていました。

 

 

業務としか思えなかったクウネル作業だのに、

うゎぁ、こんなに楽しめるんだ。

 

と目からウロコだった次第です。 

 

 

と同時に、

  

家族同然に、

ホントの三男坊みたいに、

あったかく生活させてくれたことをありがたく思い、

 

ちびぃの横浜で最後の一週間が

こんなに素晴らしい時間で本当に良かった。

 

と改めて思ったワケでございます。

  

 

Image9  

ちびぃは、このDVDを見るたびに、

Kっちー、Kちゃーん、お・とーさん、ママ~

って言ってるよー。

 

 

ちびぃは、ちっちゃいけど、

どんな形でかは分からないけど

KっちとKちゃんの記憶が

残っていくんじゃないかなー。

 

と、

願っています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なかなか撮れないアレ

 

よくちびぃと遊びに行く公園で、

雲を撮ってみました。

  Image7  

みたいな写真ですが、

撮りたかったのは、

 

電車。

 

 

ほーれ、

よく見て。

 

 

 

アンパンマン電車だから。

 

 

 

もちろん肉眼では、キャラもしっかり捉えられます。

 

毎日のように、

タイミングよければ家のベランダからも

見ることができるアンパンマン電車ですが、

 

突然、やってきて、

一瞬にして通り過ぎてしまうので、

まだ一度も、

まともに写真を撮れた試しがありません。

 

 

 

「あっ!! ちびぃ!! アンパンマン電車だよっ!!

 見た?ね、見た?」

 

って言って眺めておしまい。

 

 

まぁ、

のどかな景色です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じぶんマップを作りながら思うこと

 

こんなワタシですが、

「一度通った道をあまり忘れない」

という特技?があります。

 

方向感覚がイイんですね、優秀なんです。

 

 

  

道情報ゼロの岡山に引っ越してきてからは、

まっさらな自分の白地図に

自分なりの目印フラッグを立てながら

エリア把握していく作業が、

楽しいわけですが、

やっぱり、

いろんなイミで

大変でもありました。

 

 

Image5            

                 ピンク発見(路面電車)

 

大変と感じたのは、

旦那はんと二人して町名や建物名が分からないので、

情報共有の際や、

お友だちに何かの場所を教えてもらう際に、

話しが通じにくかったこと。

 

ま、これは今もそうですが。

 

「ここの前の道をマックの方にまっすぐ行くと・・・」

「マックどこにあるの?」

 

「ほら市役所の手前の大きな交差点のさ・・・」

「市役所の手前に交差点2つか3つあったよね?どれ?」

 

「おうち近く?どこ住んでるの?」

「あのね○○町」

「・・・ごめん、○○町ってドコ?」

「えとねイトーヨカードーあるのわかる?その近く」

 

みたいな非効率な会話も最近は少し減ってきました。

 

 

Image3  

                桃太郎マンホール発見

 

楽しいと感じたのは、

目に映るものが新鮮で、

新しいことを知るのが嬉しく思えたこと。

 

ま、

まだまだ未知だらけなので、

十分、この先も楽しめそうですが。

 

 

Image4  

                また桃太郎マンホール発見

 

 

ただ、やっぱり

家のすぐ近所ですら道も分からなければ、

何がどこにあるかも知らない、

そして、

知り合いが誰一人といない土地を、

小さなちびぃを連れて歩くことに

不安がなかったと言えば、それは嘘で、

正直、

心細さや、

“分からない”ということへストレスを

感じたのは確かです。

 

  

Image2  

                またまた桃太郎マンホール発見

 

   

ワタシたちが引っ越した3月、震災直後。

時を同じくして、

被災地から、

原発警戒区域から、

まさに何一つ縁のない土地に

身を寄せざるをえない方たちがいました。

 

はかり知れないダメージの上に、先の見えない不安が重なり

それでも

右も左も分からない土地で

暮らしていかねばならない状況にある方々の存在を

様々なメディアを通して知りました。

 

  

被災者、避難者を受け入れている地域のみなさん

どうか彼らを温かく迎え入れ支えてあげてください

と願い、

そして、

彼らの心中を思っては

なんど空を見上げたことでしょう。

 

 

  

あれから3ヶ月。

 

 

故郷を離れざるをえなかった方たちが、

辿り着いた地で、

少しでも安定した暮らしと心を取り戻せる日が

早く来ますように。

 

そして、

安堵して故郷に戻れる日が

早く来ますように。 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

育っていたのか。

 

ちびぃは5月から

スイミングと体操の教室に通っています。

 

どちらも3才以上のクラスで、

1時間をコーチと子どもたちだけで過ごし、

母ちゃんたちはガラス越しにおしゃべりしながら見学したり、

ちょいとお買い物に出かけたりします。

 

 

言うまでもなく、

体験の日からちびぃは、

母の手をすっと振り切り、我先にと体育館やプールに向かい、

眉を吊り上げ、目を輝かせ、

かわいいほっぺを膨らませて笑い、

コーチやお友だちと、ちょっとヤンチャしながら、

伸び伸び楽しそうにやっています。

 

 

なので、

水泳と体操の時間は、

ちびぃにとっての「ゴールデンタイム」だと思い

母ちゃんは安心しきっていました。

 

 

 

ところが先日のこと。

 

いつも通り元気いっぱいに体操のクラスをやっていたちびぃが、

30分を経過した頃、

突然

 

 

 

泣き出しました、大声で号泣。

  

 

コーチがなだめても泣き止む気配はなく

体操を放棄。

  

 

 

体調がよろしくないかしら?

昼寝してないから、スーパー睡魔に襲われちゃったかしら?

まさか、コーチの厳しい指導に心折れたとか?ありえないか。 

 

 

と、

超楽しいはずの場で号泣しているちびぃの本意を探り探り、 

経過を見守っていました。

 

 

結局、

ちびぃは泣き続けたものの、

最後に3回跳び箱からジャンプし、終わりの挨拶をして、

母の元に笑顔で戻ってきました。

 

 

 

これまでの3年間、

ちびぃが泣いた時、父ちゃん母ちゃんは、

一応ちびぃを泣き止ませようとしてきました。

 

家では、ちびぃも泣いたら、

父ちゃん母ちゃんに抱っこを求め甘えがちです。

 

 

でも、

「コーチとお友だちと体操をする場所」で、

号泣するちびぃを支えたのは、

父でも母でもなく、

 

コーチとお友だちでした。

 

特にお友だちの力は大きかったようです。

 

自分の体操の順番が終わった子が

入れ替わり立ち代り

泣いているちびぃの肩をポンポンと叩いては何かを話しかけている。

ちびぃも、ウンウンとうなずき、目をゴシゴシしている。

 

そんなことが繰り返される30分間

ちびぃはガラスの向こうにいる母を一度も見ることなく

泣きながらも、お友だちの励ましを受け止めていました。

  

 

クラス終了後、

コーチから、

「よほどの緊急事態でない限り、この1時間は私どもにお任せください」

とのお言葉をいただきました。

 

 

泣いている息子には母が手を差し伸べて当然だったはずなのに、

 

 

 

いつの間にか、

その息子には、

 

 

自分をコントロールする力

が、備わり始め、

 

父や母を必要とするシーンにも

変化が訪れていたようです。

 

Image39   

「ちびぃちゃんねぇ、えーんって泣いちゃったの」

とか

報告してくれる姿の奥の奥の方に、

これから成長していくであろうたくさんの芽が、

ちらちらと見えています。 

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »