« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

さて

 

いよいよ明後日でございます。

ボクの初マラソン、東京マラソン。

 

 

今週に入ってから暗雲立ちこめた体調も

「風邪なんかに、負けるもんかーっ! 負けないぜぇぇぇっ!」

と、ちびぃの闘いごっこの意気込みとセリフを頂戴し、

薬と休養と気合いと執念で回復しました。

 

家族や友人からお見舞い&激励メールやコールをいただき

 

  

ママ友K子さんからは、

ちびぃを預かるから休養したら?と申し出を頂いたり、

差し入れを頂いたり、

 

  

旦那はんは、 

夜ご飯の洗い物をしてくれたり、

シュークリームを買ってきてくれたり、

マラソン4日前だっつーのに

「まぁ、まだ時間あるから大丈夫、大丈夫」って

どこまで信じていいの???なサポートをしてくれて、

 

 

ちびぃは、

基本的には怪獣で手がかかるけど、

「母ちゃん、病気だから、ちょっと寝るね」という間は

一人でテレビを見たり遊んだりして

待機をしてくれて、

 

いやぁ、もう、みなさまのおかげで、

なんとか東京に旅立てそうです。

 

 

そして東京では、

また友人たちが待っていてくれます。

 

沿道に応援に来てくれる人たち

是非、会おうと言ってくれる人たち

是非、飲もうと言ってくれる人たち

滞在全般お世話になる友人たち

 

限られた時間のため、

声をかけていただいた方、全員と会うことができないのが

残念ですが。

 

 

 

30代最後の挑戦、初マラソン。 

マラソンの諸先輩が口を揃えておっしゃる

35kmの壁と、ラスト2kmの地獄と、ゴールの達成感を

体験してみたいと思います。

 

ちなみに、

当日は東京マラソン公式サイトによる

ランナーの位置情報サービスが利用できます。

ランナーのフルネーム入力をすると

5kmごとの速報が見られるようなので

超おヒマな方は、是非ご覧下さいね☆

 

最後まで走るつ・も・り。

決して、歩かないつ・も・り。

と、

自分にプチ・プレッシャーもかけて、と。

 

 

  

さて、

 Image21

 

長旅のお供には、

お気に入りの音楽と、トイカメラと、GPSを従え

お腰には、吉備団子ならぬパワジェルを装備し、

おかやまーの母ちゃんは、大東京を満喫して参りま~す♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その後

 

17kgおやまもり好きの人の高熱は

午前中に39まで上がり、夕方には37。

今朝には

「ボク、一番!(に起きる)」

と飛び起きていて平熱。

瞬く間に回復しました。 

 

 

昨夜は、

熱が下がって寝入ったちびぃに

やれやれと一安心し

 

 

気づけば

 

 

こんどは、ワタシ、喉、痛いんすけどーーーー(号泣)

  

  

風邪、キタ。

困る。

困る困る困る~!!!!!困る!

 

 

今日は午前中、

ちびぃの相手も家事も放棄して

寝込んでみました。

 

 

ダメだ。

ビール飲んだ後の風邪薬は効かないの?

 

 

とにかく今日も21時に寝ます。

 

 

Image27   

東京マラソンで熱が出たら、あんたのせいだからねーーー(笑)

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

17kg

 

走る時の体重は軽いに超したことない

と思って

 

走った時に体が軽いと感じる体重がベスト

と思って

 

食事量も考慮しながら、やや軽めをキープしていました。

  

が、

 

その食事量のまま日々、走っていると

減るんです。

体重が。

 

ちょっと飲み過ぎちゃった(=炭水化物をあんま食べてない)

みたいな食事量で走ると

ぐいっと減るんです、

体重が。

 

 

そんなわけで走る時、

体重のことを気にするようになりました。

 

 

そして、気づきました。

 

ベストだと思っているちょっと軽めの体重で走ると

スタミナ不足で辛く、すぐヘタれる

ということに。

 

試しに、炭水化物をガッツリ食べて

ベストと思っていた体重+1kgで走ってみると

実に快調♪

 

つまり、

走る時のベストは、スタミナを蓄えている1kgプラスの体重

ということを

遅ればせながら身体感覚より察知しまして

 

  

それからは

意識的に、ご飯を「おやまもり」 (←ちびぃ語) 食べて

1kg分のガソリン搭載を心掛けているわけです。

 

夜ご飯は、

お茶碗3杯 + 350ml 1~2本 で

胃袋サイズがめっきり拡張傾向ですが。 

 

 

 

東京マラソンに向けて

木曜日からは

ご飯を、もっと「おやまもり」で食べるのです。

 

 

ちなみに、タイトルの17kgは、ちびぃの体重。

 

して、

17kgの人は、

ななな、なんと!

今日になって、まさかまさかの発熱でございます。

 

 

ぐったりする17kgの人を抱っこして

近所の小児科まで行って参りました。

まあ、これもトレーニング。

 

 

時に母よりも「おやまもり」のご飯を食べている17kgの人なので

回復は早いだろうと信じつつ

母ちゃんは家の中でもマスクをしてドキドキしながら 

経過を見守っている次第でございます。

 

 

Image26   

東京マラソンを楽しみたくて、トイカメラ、ゲット♪

ノンファインダー。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週は東京

 

とりあえず

今月に入ってから

私のアタマの中は

もう

 

 

東京マラソン

 

のことでいっぱい。

 

  

ちびぃは、ポケモンとイナズマイレブン。

 

旦那はんは年度末に向けて忙しくなってきた仕事と

撮りためまくって消化しきれないドラマのこと。

 

そして、私は東京マラソン。

 

みんなのアタマの中は、

まぁ、

こんなモンです。

 

 

それにしても。

人生、最初で最後のフルマラソンだし、

約1年ぶりの東京だし、

あの!東京マラソンだし、

 

もう、

それはそれは

楽しみで仕方ないわけですよ。

 

 

これまで数ヶ月、

あーだこーだと練習を重ね

不安の材料を一つ一つ潰してきました。

 

が、

最後まで潰しきれなかったのが

 

 

トイレ問題。

 

 

究極の冷え症なので

整列してスタート待ちしている数十分の間に

冷えて、ぜったいにトイレに行きたくなる。

走っているうちにもトイレに行きたくなる。 

 

これに関しては自信があるので、

練習もしました。

走り始める1時間前にトイレを済ませ、走り始める直前には行かない。

とか

あえて少々の尿意を抱えて走り始めてみる。

とか。

 

それから、

冷やさない対策とか

不足しない範囲で水分を調整するとか

ちびぃのオムツを履いて走るとか

イロイロ考えました。

 

ネットで調べたら、

「走りながらする」という究極のノウハウまで発見。

(by 金哲彦氏)

 

 

まぁ、

そこまでしてタイムを狙うこともないので

できる範囲の対策をして、あとは自然に任せる。

という平凡な結論で落ち着いています。

 

それにしても、

ゴルフもマラソンも

こんなにトイレのことを心配しなきゃらないっていうのに

それに比べて、

ダイビング。

海に囲まれて過ごすダイビングは、なんてステキなんでしょう。

感じる最近でございます。

 

 

 

楽しみなお祭り。

 

パンフレットの下部に写るランナーたちを

「みんな楽しそうに走っているけど

 この中にトイレに行きたい人は何人くらいいるんだろう?」

と斜めに見るのは、そろそろ終わりにして、

Image25   

東京に行く準備に入りたいと思います。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

嬉しい

  

しのちゃん(私の妹)

Image23  

 

 

父ちゃん

Image24  

 

 

母ちゃん

Image22  

 

 

ヨダレを垂らしながら  (←ちびぃが集中している時の現象) 

ゆっくりじっくり描く姿を初めて見て

母ちゃんは涙ぐみました。

 

 

すごいじゃん!!! 目と鼻と口があるじゃんっっっ!!!

 

つって。

 

 

毎日繰り広げられる

ちっちゃなちっちゃな

親バカ劇場でございます。

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

甲羅か

 

お友だちが使っていたリュックサック。

小さくなっちゃったから、

ということで、

ちびぃの手元にやってきました。

 

 

もらった時には、

リュックに無関心。

 

かと思ったら

どうやら

照れ隠しだったみたいで、

 

帰宅してから

アレコレお気に入りのオモチャを放り込み

 

 

 

Image18  

夜ご飯の時も。

 

 

 

 

 

あら、

かわいいところあるのね。

とか思ってたら、 

 

 

 

Image19  

えぇっ!

寝たまま遠足に行きそうなんですけど。

 

 

 

 

 

 

寝づらいでしょう。

と、外してあげました。

 

 

 

 

 

とか思っていたら

翌朝。

 

 

 

 

Image20  

えぇ!

リュックしょって寝室から居間に登場してる。 

あたりまえーに、黙々とひとりで遊んでるし。

 

  

 

 

亀の甲羅っていうよりは

断然

裸の大将みたいだな

って

旦那はんと、

こっそり話しました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マラソンしてる頃

 

旦那はんがマラソンしに石垣島に行っている頃、

ボクらはおかやまーで 

東京からのお客さまをお迎えしていました。

 

 

サラリーマン時代、

長年世話になった上司のY姉さんが

広島出張に来た足で岡山にも。

 

我が家に一泊して、

ちびぃとたーくさん遊び

私とたーくさんおしゃべりしてくれました。  

 

Image15ハンバーグを作って

遊んで

飲んで

しゃべって

気づけば

  

朝4時。

 

占めにケーキ食べて寝る。

みたいな

女子会。 

 

  

残業しては飲む。

仕事が早く終わった日は飲む。

プレゼン終わったら飲む。

 

終電なくなって

始発まで飲む、とか

タクシーで帰る、とか

Y姉さんちに泊めてもらう、とか

 

ぶっ飛ばしてたサラリーマン時代の頃が一瞬よみがえって

楽しかったです。

   

  

翌日は、

雨と風で辛そうな石垣島マラソンを走っている仲間を応援しながら、

快晴のおかやまーで観光案内をしていました。

Image16_2  

岡山城と後楽園。

 

ランチに食べた後楽園の

「牡蠣そば」の牡蠣が美味くてビックリ。

Image17   

牡蠣そばを食べ終わる頃

旦那はんからゴール報告の電話が入りました☆

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの石垣島

 

そそ。

ここって、ちびぃブログみたいになっていますが、

原点は「オキナワ・ブログ」です。

先月、

石垣島マラソンに行った旦那はんのおかげで

ひっさびさの島系ネタができて喜んでいます、はい。

  

 

石垣島からのお土産、どーーーーん。

Image33  

ふわふわふわ~と

瞬く間に家の中が島のかおり♪うれしー♪

 

Rっちゃんから、ボクへのプレゼントや

Rにぃにぃから、ちびぃへのプレゼントや

旦那はんがしっかり値切って買ってきた石垣牛などで

大いに盛り上がりました。

 

 

自宅用なのでということで

中途半端な切れ端に目をつけ

勝利の値切りを遂げたという石垣牛は

塩麹をまぶして焼きましたところ、

Image34  

とろけて悶絶しました。

 

 

大人2名が肉に心を鷲づかみにされている頃

子ども1名はこちらにぞっこん。 

 

Image35  

琉神マブヤーTシャツと、マブヤーチョコ。

あと、Rにぃにぃからもらった、なんか変身とかするクルマとかバイクとか

とにかくカッコイイヤツ。

 

 

ということで、

 

癒し系の島のかおりは

瞬く間に

Image39  

超・怪獣によって

ガラガラガラ~

みたいな。

 

 

で、 

「父ちゃん!たたかいごっこやろー」

「よし!やるか」

Image40   

「びゅぅぅぅんっ!たぁぁぁぁぁっ!!!」

「どっかーーーーーん、ぴゅーーーーー」

 

みたいな。

 

 

ま、

母ちゃんは、

たたかいごっこのドコが楽しいんだろう?とは口に出さず

このような光景を時々写真に撮りながら、

一人ちびちびとグラスを傾けるわけです。

いつも。 

 

それにしても。

マブヤーTシャツがお気に入りで

Image38

パジャマにイイんじゃなぁい?

 

Image37  

とか思っていましたが、

最近は

「夜だけじゃなくて、朝(昼間)も着るんじゃ」

と、

いうことで、

マブヤーTシャツを着て、目を輝かせて、体操教室などに出かけています。

 

 

そんなわけで。

 

おかやまーのTSUTAYAでも

マブヤーDVDがレンタルされる日を

我が家一同

心待ちにしております。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福鬼

 

節分の日。

ちびぃを保育園に迎えに行くと

 

 

キタ---!!!

Image3  

「ちびぃちゃん、すっごく張り切って鬼に豆を投げていました」by先生

 

 

「鬼のパンツは新しいパンツ

 つよいぞー、つよいぞー。」

と歌い

 

「鬼さんは、こうやって棒を持ってたんよ」

とタオルをブンブン振り回し

 

「ぼく、鬼ヶ島に行ってくるんよ」

とゴルフクラブ(玩具)をかついで意気込む。

 

オーマイガッ~の完全鬼ムード。

  

  

夜になりました。

 

 

ご飯は恵方巻。

Image6  

さすがワタシのiPhoneちゃん。

恵方巻を撮ったつもりだったのに

ピンはいつも一番搾りでカンペキ、イェイ♪

 

 

ちびぃも恵方巻。

Image7  

まるかぶりしてください。

 

Image8  

まるかぶり。

 

Image9  

そーゆーまるかぶりもアリなの? 

 

 

お腹が満たされたら

鬼が登場するわけですよ。

 

父ちゃんが鬼役。

 

豆まきするのかと思ったら、

 

 

 

あまかった。

 

 

ガチな鬼退治が始まりました・・・。

 

 

Image10  

鬼ヶ島に行ってくるぜっ!!!

たぁぁぁぁぁぁぁああああ!!!

鬼めぇぇぇぇぇ!!!

とぉぉぉぉぉぉぉおおおお!!!

 

 

鬼、爆笑しとるやんけ。

 

 

とか、

カンケーないみたいで

ちびぃのスイッチが入ります。

 

 

鬼めぇ

さ、こーーーーいっ!!!

 

Image11  

ゴッドハンドぉぉぉぉおおおおお!!!

 

もいっちょ

Image12

 

ゴッドハンドぉぉぉぉおおおおお!!!

 

 

vs.鬼 

イナズマイレブン(サッカー)になっちゃった。 

 

 

 

節分とは

いつもの怪獣が

鬼に変わるだけの日

だったでしょうか。

 

鬼退治しているちびぃが、いちばん鬼でした。

 

 

 

でも母ちゃんは、

 

こんなのとか、

Image5   

こんなのとか、

Image13  

 

こんなので

Image4  

おだやかに無病息災を祈らせていただきました。

 

ちなみに、最後の写真は、ちびぃの保育園の給食です。

「ちびぃちゃん、今日も給食おかわりしたんよー」

 

えーーーーっ!

鬼、2匹も食べたんかーーーっ!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それか・・・

 

最近の

ちびぃの

あたまの中の9割は、

  

「とけもん」(ポケモン)

「いなずいれぶん」(イナズマイレブン)

 

 

  

サトシ(ポケモン)ごっこをしているかと思えば

円堂守(イナズマイレブン)ごっこをしているわけです。

時々、お風呂では泡立たせた髪をセットして

豪炎寺修也(イナズマイレブン)ごっこもします。

 

 

 

ひとりで。 

 

 

 

蹴る

Image19  

 

 

スライディング

Image18  

 

 

キック

Image21  

 

 

滑り込み

Image20  

 

 

蹴る

Image24  

 

 

スライディング 

Image23  

 

 

キック

Image27  

 

 

滑り込み

Image22   

 

 

ズボンには穴が開き

靴と服は泥まみれ。

 

 

 

ある日

靴を買ってあげようと

店に連れていけば、

 

 

目を輝かせて

選んだ靴はコレ。

Image1  

なんとなくサッカーっぽい。

イナズマイレブン靴です。

  

 

Image2  

たぶん「雷門中」の「雷」だよね?

 

かっ

かっこいいね・・・。

こんな靴、

初めて見たよ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おばあちゃん

 

つい先日。

大往生を遂げたおばあちゃん。

 

 

おばあちゃんとのお別れに

たくさんの親戚が集まったわけですが、

 

私の母を含む「子」が4人。

私を含む「孫」が8人。

ちびぃを含む「ひ孫」が13人。

 

それぞれの配偶者も含め、

まさに

命のリレー式「末広がりの図」を目の当たりし、

 

おばあちゃんの偉大さを

改めて感じて参りました。

 

 

 

 

母の兄家族と同居し、

近年しばらく自宅で寝たきりだったおばあちゃん。

 

 

意識も食欲も減退してきていた矢先、

突然、

はっきりと言葉を話し、

好物だったプリンを喉に通したそうです。

 

 

よく

「虫の知らせ」

とか言いますが、

そーゆーことでしょうか。

 

家族は

「旅立つ前の腹ごしらえ」

と、直感し

親戚を呼び集めたそうです。

 

 

医師は

日々、様子を見に来ていたようですが

そこに

医療の介入はなく

 

 

時を共にしてきた家族の

センシビリティと

愛情に包まれながら

 

 

腹ごしらえをした翌日

自宅にて

静かに静かに

旅立ったそうです。

 

 

 

たくましく立派に

そして

超ナチュラルに生涯を終えたおばあちゃん。

 

お別れは悲しいことですが、

おばあちゃんみたいに

ほんわかと、

そして

頑丈に生きていたら

また

いつか

笑顔で会えると思います。

 

 

いや

マジで。

 

 

おばあちゃん、

私たち孫をかわいがってくれて、ありがとう。

それから

お母さんを産んで育ててくれて、ありがとう。

Image  

また会いましょう。

それまでみんなを見守っていてね。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »