« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

走ってきたよ

11月25日

快晴、気温11度、無風という絶好コンディションで、  

さわやかな秋の神戸路を走って参りました。

Img_5288_598x800


 

4時間15分40秒(ネット)。

 

 

 

2回目のフルマラソンは

名づけて

「機関車トーマス大作戦」

何のヒネリもないネーミングで、挑みました。

 

 

作戦は、こうです。

 

 

トーマスが、小鳥と戯れたり、野山の景色を楽しみながら、

一定のリズムを刻み、ゆっくりでも軽快に車輪を回す・・・

そんなイメージで走る。

もちろん、

バックミュージックはトーマスが線路を進むあの音楽♪

(携帯音楽プレーヤーは持参しなかったので、自分で歌う)

 

で! ここからがスゴイ! 見どころ。

シュシュポッポと40kmまでやってきたら、

残り2kmは

急行列車の「オレ様ゴードン」に変身する。

「どけどけぇぇい!」とヘロヘロになってるランナーをゴボウ抜きし

ラストスパートでゴール。

 

 

かんぺき!!!

 

 

 

スタートからゴールまで1kmを5分40秒で走ると

4時間以内にゴールできるので、

一定のリズム = 5分40秒/km に設定し

いざスタート。

 

 

とーこーろーがっ!!!

 

 

道路せまいっす、人が多すぎるっす、前に進めないっすー。

いきなり大渋滞~~~(号泣)。

鶴岡八幡宮の初詣を全員が小走りでしてる、みーたーいーなー(涙)

 

ここはひとつ、

トーマス大作戦 改め、「忍たま乱太郎作戦」にすべきか・・・

くノ一 忍者になって、シュタタタタターーーーっと

中腰で人混みを縫って進むか・・・

 

とか考えているうちに、しまった、1km経過。

なんと1kmに7分もかかってしまい、

4時間以内ゴールの夢は、

あまりにも早い段階で、かなり厳しいものとなりました。

 

 

5kmの時点で、2分もの借金をこしらえてしまい ←作戦想定外

どうやったら借金を返済できるか

いや、借金を増やさないことが大事

とか

借金返済計画に振り回されながら、

33kmまでは、5分40秒前後の旅を続けました。

 

 

いやはや、「ご利用は(最初から)計画的に」

です。

 

が、

34kmから、一生懸命走っているつもりでも、

ガーミンの速度は6分を超え始めまして。

 

38km、神戸大橋からの急激な下り坂で脚痛が到来。

そこからゴールまでは7~8分まで失速。

 

 

ゴードンに変身するどころか

トーマスが「車輪が壊れちゃうよーー」と泣きっ面で走るシーンそのもの。

ゴードンにゴボウ抜きされているのは、実は私だった・・・

 

 

 

あぁ、作戦、大失敗。

 

 

気持ちだけはとても前のめりなのに

腰から下の感覚が無く、

気持ちとは裏腹にまったく前に進まない。

 

 

 

ゴール500mほど手前のところに

ゲストのQちゃん(高橋尚子)が立っていて、

ハイタッチで激励してくれました。

私の愛する誠ぐぁこと登川誠仁に握手してもらった右手はやめて

左手にタッチしてもらい

ヨレヨレ~とフィニッシュゲートにたどり着いた次第です。

 

 

 

タイムが悔しい。

終盤の失速が悔しい。

まだ走れた。

と、いろいろな思いはあるわけですが、

 

今回は、右足の中殿筋が軽い肉離れを起こし

レース前1か月は鍼治療に通い、2~3か月前の半分も走れず、

脚に不安を抱えて当日を迎えました。

 

レース後、

右の膝裏に窪みがなく、むちゃくちゃ腫れていることに気づき、

 

もしかしたら、この脚ったら、限界を超えて頑張ったのかも。

悔しい結果だったけど、これが実力、

いえ、今、持っている力以上のものを出せていたのかも。

ボクのあんよ、褒めてあげてもいいのかも。

とかいう気分になりました。

 

 

 

 

晴天に恵まれ

途切れることのない沿道の応援や、素晴らしい景色に支えられました。

海から20隻以上はいそうな漁船が旗を振ってくれたり

ボランティアの方の親切さが身に沁みたり

友人や家族からも、たくさんのエールやお疲れをいただいたり

語りだしたら、「ありがとう」が止まらないわけです。 

 

 

 Img_5295_598x800

 

 

ひとまず自分の体にも、ありがとう、と言って・・・。

 

今シーズン、わたしのランニング・ライフは

2月3日の丸亀国際ハーフマラソンへと、つづくのでした。

 

 

| | コメント (0)

2回目の挑戦

明日(11.23)は何度目かの入籍記念日ですが、

夫婦してフルマラソンを控えた我が家で

最近の夫婦の会話といえば

マラソン7、ちびぃ2、業務連絡1 

みたいな感じでしょうか。

 

 

マラソンの話で盛り上がっていると、

ちびぃが

「黙って!静かにして!今はぼくが話しているの!

 で、さぁ、ウィザードは・・・(ほにゃらら、ほにゃらら)なんよっ!」

みたいな感じでしょうか。

 

 

 

 

今度の日曜日

初めて旦那はんと同じレースでフルマラソンを走ります。

 

ということで、

家の中は、

気づけば、

Img_5258_598x800 

パワージェル、サプリだらけだったり。

↑いろいろ試しているうちに増える。

 

 

 

 

 

 

 

 Img_5239_598x800
 

パワージェルが関所になっていたり。

↑これをやるヤツは1人だけ。

 

 

 

 

 

ワタシなんて、

ついデキゴコロで

1353645375756.jpg

もろ天満屋カラーとか、買ってるし。

↑脚を負傷しているので、せめてテンション上げるのに必死。

 

 

 

 

2回目のフルマラソンは、神戸で挑みます。

東京マラソンで玉砕してから

42kmという距離が恐ろしくて怖くて

今は、「楽しんで走ってきま~す」とか言えないのがホンネ。

 

 

けどね、

やるからには、完走はしてきたいと思います。

完走は。

Img_5264_598x800

11月25日9時 号砲。

40代の初レース、いざ!!!

| | コメント (0)

横浜からあの家族がキター!

 

先週のことですが

夜のおかやまーの繁華街で

Img_5183_598x800 

 

 

地の料理を堪能してまいりました。
 

 

 

マタニティ時代からの友人Cちゃんファミリーが

横浜から来てくれたので♪

Img_5171_598x800
 

ちびぃの幼なじみM(姉)と、はじめましてのK(弟)。

 

 

 

ちびぃとM帆は、こういう間柄ですが、

 

Dscf4245_800x600
 

最近のちびぃにM帆の記憶はないようだったので、

久々の再会をドキドキ見守っていましたが、
 

 

Img_5174_598x800
杞憂に終わりました。

 

 

おかやまーに越してから産まれた弟Kとの初対面に関しては、

まったく心配していなかったのですが、

どちらかというと、

こちらの方が

Img_5177_598x800
 

大変心配すべき問題だったのかもしれません。

 

 

ゆるせ、K。

Img_5178_598x800


キミの(おかやまーの)記憶に残らないことを祈る。

 

 

 

 

それにしても。

おかやまーに引っ越してから1年半。

 

薄々と気づいてはいましたが

他県から家族や友人が、おかやまーを訪ねてくれるたび

再会が嬉しくて嬉しくて

ワタシはグラスを持つ手の回転が止まらくなり

夜も更け

翌日、使いものにならない。というパターン。

 

 

今回も、翌日は何とか大丈夫でしたが、

おもてなしすべきだった居酒屋で

ワタシが酔っぱらってふらふらとトイレに行っている間に、

Cちゃんがお会計を済ませてしまい

逆に、もてなされているという大失態。

すまん・・・。

 

 

 

 

 

で。

翌日は、ちびぃの幼稚園がお休みだったので

みんなで倉敷観光など。

 

Img_5209_598x800


 

オトナは満喫したいワケですが、

主役はこっちなので、

Img_5190_598x800


 

子どもたちが、自立したら、

母ちゃんたちは再び倉敷に来て飲もう。

とか

Img_5192_598x800


夢物語を語りながら、

4歳と1歳に付き合います。

 

Img_5193_598x800


4歳と1歳は、

ケンカしたり、仲良く話したり、

 

 Img_5187_598x800

よくわからないことで盛り上がったりして

 

Img_5206_598x800

子ども特有の不思議な距離感で

それなりに倉敷を楽しんでいまし・・・

 

 

 

Img_5197_598x800


annoy

 

 

 

景観が素敵な倉敷

Img_5204_598x800
 

落ちてる小石でも遊べるちびっこたちにも

魅力的な誘惑は、お山盛りなので

M帆とちびぃの足は、

大人以上に前に進まず、

Img_5207_598x800
 

もっと、ゆっくり時間をかけて来れたらいいな

思いながら

ようやく帰路も最終段階に辿り着いたトコロで、

 

 

 

なんと!不意打ち!

 

 

素敵な街並みの中に、(普通の)「おもちゃ屋さん」登場。

 

 

軒先の陳列の中から、それぞれ欲しい玩具を握りしめ

強烈なタッグを組んだM帆とちびぃ。

 

 

ヒラヒラと手を振り、おもちゃ屋から遠のく父ちゃん母ちゃんたち 

vs. 

「買ってー!!!」と叫び、おもちゃ屋の前で微動だにしないちびっこたち。

 

 

結末は、Cちゃんが上手に説得し

ちびっこたちが「がまんする」ということを学んだわけですが、

 

Img_5210_598x800


泣き叫ぶM帆と、ちょい困惑ちびぃ。

こーゆーの、前にも見たことがあったよーな、なかったよーな。

 

 

この写真は

もう少し大きくなった二人が再会した時に

見せてあげよう。

 

 

Cちゃん、横浜でもこうやってよく一緒に散歩してたよね。

 

おねだりしたマーロウ。

 

 

 

Img_5184_598x800 

 

華正樓の肉まん♪

 Img_5185_598x800_2
 

他にもお土産をたくさん&遠路ありがとう。

 

 

 

とっても横浜が懐かしくなりました☆

 

 

また会おう♪

| | コメント (2)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »