« 走ってきたよ | トップページ | マラソンの後 »

マラソンの前

神戸マラソンが終わり、

ずっと休養していますが

肉離れしているらしき患部の痛みはまったく引かず、

何かしらの治療をしなきゃかも・・・と

焦りと不安と、

あと、

走れなくて寂しい日々でございます(笑)

それにしても。

今回はフルマラソン前に、

 

・鼻水を止めたくて耳鼻科

 寒い中、走って体が温まってくると鼻水が出る体質らしく、

 「鼻水とーめーてー」と、薬を処方してもらう

 

・風邪でひどい咳が長引き、呼吸器科

 マラソン2週間前。

 先生に「これじゃ42km走れない」と泣きつき、

 ジスロマック、ステロイド吸入薬、咳止め薬、トローチを処方してもらう

・肉離れの痛み緩和で鍼灸院

 ジム友や、陸上部出身のママ友などの情報を元に

 いくつかの鍼灸院を渡り歩き、ようやくフィットするところに着地。

 数回通う。

 マラソン2日前には、担当の鍼灸師に

 「明後日の13時まで、とにかく痛くないようにして!」

 と泣きついたところ、13時すぎから痛み出した~。

 

 

と、

まぁ、ものすごい医療費。

40過ぎのフルマラソン挑戦って、お金かかります。

・・・私だけですが。

 

 

ところでこの鍼灸院。

スポーツ系の患者さんが多くて

院長はランナー、トライアスラー、

担当の先生(20代後半・男性)も元スイマー、

ということで、

スポーツによる傷みもわかってくれるわけですが、

会話がね・・・

体育会系。

 

 

背中や臀部の治療はくすぐったいので、ビクッ!となりますわな。

それを見越して先生は言います、大きな声で。

 

「いいっすかー!T宮さん、おしりさわりますよー!おーしーりっ!!!」

 

「はい、どーぞ」(超不機嫌&超小声)

 

 

 

とか、

 

ストレッチ・マッサージしてくれる時、

「いたたたーー!痛いって!・・・上等な痛さですってぇ」と悶絶すると

先生はスーパースマイルで

「じゃぁねぇ、これなんか、極上の痛さっすからねぇ」と

すごいストレッチを仕掛けてくる。

 

「ギャーーーー!!!」

「はっはっはっはー♪」

 

 

とか、

 

お互いの年齢の話をした直後、

「ぼくねぇ、25歳までの患者さんには、

 痛くても“がんばれっ”って激励するんすよー。

 若いから筋肉の回復がとにかく早い。

 でもねぇ、25超えたら・・・

 わかりますよね?T宮さん」

 

「はい、むーりーしーまーせーん」

 

とか。

 

 

脚の痛みがひかなかったら、

また、この体育会系の兄ちゃん先生とこに通うのかな・・・。

 

 

 

マラソンはお金のかからないスポーツだったんじゃ。

 

~~~~~~

マラソン前日

旦那はんが奮発して連れていってくれた

ポートアイランドの「ステーキ桜井」

Img_5273_598x800
 

ご飯お代わりして、贅沢ステーキいただきました。

 

 

Img_5272_598x800
 

ちびぃ。

おまえさんは、そんなにスタミナつけなくてもいい!!!

と思いました。

|

« 走ってきたよ | トップページ | マラソンの後 »

スポーツ系?」カテゴリの記事

コメント

育ち盛りだもんね〜!
うりかめ〜ちびぃくん☆

投稿: にらいかない | 2012年12月 7日 (金) 00時26分

にらいかないさん

そうでした、育ち盛りでした。
最近、生意気レベルがアップして、
もう育ちきったと錯覚する日々☆

投稿: まこぷー | 2012年12月 9日 (日) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 走ってきたよ | トップページ | マラソンの後 »