« そして | トップページ | 事件です。 »

きんぎょちゃん

夏祭りの金魚すくいで、
ウチに来てくれた黒デメキンちゃんが
お星さまになってしまいました。


11月中旬。
ぐっと気温が落ちてから、
水底にじっとしてることが増え、
横向きにぷかぷか泳ぐようになり。

治療の塩水浴というのを続けてみましたが、
病気を治してあげることができず
お別れの時がやってきてしまいました。

治療の数日は、心配で寝られず。
だからとて何をしてやれるワケでもなく。
変な夢は見るし、寝不足フラフラで、
風邪にも負けるという情けない母ちゃん。



元気な頃のきんぎょちゃんは、食いしん坊で、
餌をあげようとすると、ひっくり返る勢いで口をパクパク。
餌を食べたらルンルンとヒレを振って水底に。

ご機嫌な時はスイスイスイ〜‼と目に追えないスピードで泳ぎ回り、
ふと目をやると、微動だにせず、お昼寝してるし。


狭いマンションの部屋。
居なくなって気づく存在感の大きさ。



最後の夜は、殆ど動かなくなっちゃって。
水槽を手で覆って声をかけると、
口と目を少し動かして、応えようと頑張ってるように思える姿が…。




ちびぃは、金魚之介と呼んでたきんぎょちゃん。
ちびぃと土に返してあげたわけですが。

金魚さん、お星さまになっちゃったね。


って言ったが最後。

「なんで、金魚が星になるん?」
「どうやって星になるん?」


「星に、めーめ(目)が生えてくるん?」←リアクション付き。
「星のおクチは、パクパクするん?」

やばい。
精神論、通じず。


仕方ない。

ちびぃには、
しつこいくらい毎日
きんぎょちゃんの思い出話を語るか…。

1385634065405.jpg


きんぎょちゃん、
楽しい日々をありがとう。

|

« そして | トップページ | 事件です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして | トップページ | 事件です。 »