« 庭 | トップページ | 裏記録 »

反省会

大阪マラソンからもうすぐ1週間

 
あのズタボロな走りから立ち直れずにいる者です。
 
 
ほぼ最後尾のPブロックからスタートの予定が(Qが最後尾ブロック)
トイレの大行列に並んでいるうちに、ブロッククローズしてしまい、
本物の最後尾からスタートになりました。
 
ブロックをクローズした瞬間、
それまで、「早く整列しろー」と急かしていたアナウンスが一転。
 
「ブロックがクローズしましたー
 トイレにお並びのランナーのみなさん、
 どうぞ、ごゆっくり用を済ませてください」
 
に変わりました。 
 
 
目の前には3万人のランナー。
私の後ろには「最後尾」プラカードを持つお兄さん。 
 
 
号砲が鳴り、15分くらいしてようやく最後尾の人たちが進みだしました。
 
で、スタートゲート手前に、トイレ発見!
念のため、もう一度、トイレに入ろうとしたら、今度は、
 
「最後尾がスタートしまーす。
 スタートゲートがクローズしますよー。
 トイレしてる場合じゃないですよー」
 
というアナウンス。
 
 
高い倍率をくぐり抜け、それなりに練習し、
ようやくスタートゲートが見えてきたのに、
 
DNS
 
は、
あまりにも残念なので、
結局入れなかったトイレに別れをつげ、スタートゲートをくぐりました。
 
 
号砲から29分37秒後
ようやく、スタートゲートをくぐれました。
 
 
はぁ、長い道のりでした。もう大満足。
 
 
って、わけにもいかず。
レースは、ここから。
 
 
 
本当の最後尾なので、スタートゲート、貸切でした。
ガラ空きのスタートゲートを超えると、意外と想定ペースで進めるやん!!!
 
 
と思ったのは、最初の2kmまで。
3万人だからね、そう甘くはないね。
 
 
ここから20kmくらいまでは、
人の壁、渋滞の壁
もう、想定ペースでは全く進めません。
 
 
人と人の隙間を、自分のカラダを縦1/2に折りたたむイメージで
シャシャシャシャーと抜けた!
と思うと、次の壁にぶつかります(笑)
 
左右を見渡し、瞬時に隙間を捉え、今度は、そこまで
シャシャシャシャシャーと欽ちゃん走り!
また縦1/2の人になって、人と人の隙間を、 シャシャシャシャーと抜けた!
と思うと、次の壁にぶつかります(笑)
繰り返します。
 
 
 
ジグザグ走行で3kmほど余分に走ったんじゃないかと自負しています。
 
 
 
気温は26度。
10kmも走らないうちにランパンまで汗だく。
さらに、給水所では、暑さのあまり頭から水をかぶってしまうので、
オールスポーツにアップされた私の写真は、
プールに落とされたいじめられっ子のように残念な写真ばかりです。
 
重たくなるTシャツとランパンを、両手で絞っては走る。
マラソン大会というのに、不思議な作業が加わりました。
 
 
 
暑すぎて、ペースが上がらず、
まぁ、遅ペースなので、下がりもしないまま進むこと34km。
 
 
チームの応援団が、応援ののぼり旗を振りかざして待っていてくれました。
 
コーラ、チョコ、冷たいスポンジを受け取り、
 
ラストくらいペースをあげようかな。
 
でも、もうタイムはぐでんぐでんだしな。
 
良くないことをグズグズ考えているうちに、
はぁ・・・
 
歩いちゃいました。
 
 
集中力が途切れた瞬間です。チーン。
 
 
 
36kmでは、トイレ休憩までしちゃいました。
 
滝汗が出ているので、トイレとは無縁だと思っていたけど、
暑くて飲みすぎていたのかもしれません。
脱水が怖くて、前夜からの水分チャージ量が多すぎたのかもしれません。
 
真冬のダイビングしてきたんかーい
っていうくらい止まらない、
それはそれは長い長いトイレで、ビックリしました。
 
 
 
南港大橋を超えるとラスト4km。
 
40km過ぎの給水も寄ったので、アレですが、
とりあえずラスト4kは、きっちり5分20秒くらいまで上げてゴールできました。
 
 
十分、脚、残ってるやーん。
 
 
 
 
4時間24分11秒。
最後尾スタート、気温26度 プラス 歩き、トイレ休憩 を考えれば、
そんなもんじゃね?
というタイムでした。
 
が、振り返れば、内容はジョグだった(笑)
レース後も、筋肉痛ゼロという状況が、それを証明しています。
それに、歩いちゃダメよー、ダメダメ。 
 
 
 
 
3週間後の神戸に向けて、課題が山積みとなった 2014シーズンイン。
 
まだ始まったばかりだというのに、すでに苦しいでーす(笑)
 

|

« 庭 | トップページ | 裏記録 »

スポーツ系?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭 | トップページ | 裏記録 »